岩手広域交流センター・プラザあい 北側駐輪場(画像提供:シナネンモビリティPLUS)
岩手広域交流センター・プラザあい 北側駐輪場(画像提供:シナネンモビリティPLUS)
[画像のクリックで拡大表示]

 岩手県岩手町は、「岩手町SDGs未来都市共創プロジェクト」の一環として、シナネンモビリティPLUS(東京都港区)が提供する「利用者限定シェアサイクル」サービスを導入した。市街地内の交通手段の拡充を目的としたもので、4月28日から運営を開始している。

 岩手町では、町民が集落から町役場や駅がある市街地へバスで移動した際、市街地内での移動が困難という課題があった。そこで、市街地の「岩手広域交流センター・プラザあい 北側駐輪場」にシェアサイクルのステーションを設置することで、市街地内の町民の利便性向上を狙う。さらに、自転車利用による町民の健康へのポジティブな影響や、来町者への新たな交通手段の提供にる町の付加価値向上といった効果も期待する。ステーションは上記1か所、自転車台数は5台、二次交通手段の拡充に向けた実証実験の位置付けで、ユーザーは無料で利用できる。

 シナネンモビリティPLUSのサービスは、運営者が利用者を限定してシェアサイクルサービスを提供できる、管理しやすく施設利用者や地域住民に特化したサービスとして活用できるのが特徴だ。ただし、岩手町におけるサービス導入では、利用対象を絞らず現地で誰でも利用できるようにした。事業主体は岩手町になり、実際のメンテナンスなどは地元自転車店に委託する。シナネンモビリティPLUSは、導入パッケージを提供するとともに導入支援を行う。運営期間は未定だが、この1年で実証実験から事業化に向けて検討する予定だ。

 この事業を通じて岩手町とシナネンモビリティPLUSは、SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献するとしている。岩手町は内閣府から2020年7月に「SDGs未来都市」に認定されている。