実証実験で使用するアプリの画面(出所:直方市、伊藤忠テクノソリューションズ)
実証実験で使用するアプリの画面(出所:直方市、伊藤忠テクノソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 福岡県直方市は2022年5月9日から8月5日まで、予約制の乗合タクシーと経路検索システムとを組み合わせたオンデマンド交通「のうがたMaaS(Mobility as a Service)」の実証実験を実施中だ。乗合タクシーのオンデマンド予約には、スマ―トフォンのアプリを使用する。アプリは鉄道や路線バスの経路探索機能を備えており、利用者はオンデマンド予約の乗合タクシーと鉄道、路線バスを組み合わせた最適な経路を探索できる。

 乗合タクシーの利用手順は「アプリで出発地・目的地を指定して検索」「経路候補の中にオンデマンド交通の乗合タクシーがあれば予約する」「経路に従ってバスや鉄道を使って乗合タクシーの乗車地まで移動し、乗合タクシーに乗車する」の3ステップ。乗合タクシーは、アプリの経路検索の画面からそのまま予約できるほか、電話での予約も受け付ける。複数の利用者が乗り合わせる際には、アプリのバックエンドシステムがAI(人工知能)を使って、利用者それぞれの乗車場所、降車場所から乗合タクシーの最適なルートを決定する。

予約状況に合わせて、AIが乗合タクシーの最適な運行ルートを決定する(出所:直方市、伊藤忠テクノソリューションズ)
予約状況に合わせて、AIが乗合タクシーの最適な運行ルートを決定する(出所:直方市、伊藤忠テクノソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 実験の対象エリアは、直方市の上頓野(かみとんの)と畑・永満寺の2つで、それぞれの区域内であれば自由に乗降場所を設定できる。さらに、対象エリア外のイオンモール直方(直方市湯野原)などに特定乗降地点を用意しており、各区域から特定乗降地点を乗車場所または降車場所のいずれかに指定することができる。乗合タクシーの運行時間は平日の午前8時から午後5時までで、運賃は大人300円、小学生以下と障がい者が150円。実験に使用する車両は3台で、MGタクシー(福岡県宮若市)、スタータクシー(福岡県直方市)、直方タクシー(福岡県直方市)の3社が運行に協力する。

 今回の実証実験は、直方市とともに伊藤忠テクノソリューションズが実施主体となる。同社は「本実証実験を通じて、地域公共交通の活性化につながるアイデアや施策を追求していく」としている。また、同社は川崎市でも2022年2月末から4月末まで乗合タクシーを使ったオンデマンド交通の実証実験を実施している関連発表