キユーピー(東京都渋谷区)は、埼玉県深谷市の花園インターチェンジ付近で、野菜の魅力を体験できる複合施設「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」の整備を進めている。2021年4月に建設に着手し、5月21日に施設概要を公表した。同施設は深谷市が民間と連携して進めている「花園IC拠点整備プロジェクト」の一環で、2022年春に開業する。

「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」の全体イメージ。ランドスケープでは、赤城山・榛名山・秩父長瀞方面の山々を借景として生かす(画像:キユーピー)
「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」の全体イメージ。ランドスケープでは、赤城山・榛名山・秩父長瀞方面の山々を借景として生かす(画像:キユーピー)
[画像のクリックで拡大表示]
花園IC拠点整備プロジェクトの位置(資料:深谷市)
花園IC拠点整備プロジェクトの位置(資料:深谷市)

 花園IC拠点整備プロジェクトは、アウトレットモールを誘致する17.9haの「民間ゾーン」と、地域資源を活用しながら農業と観光を振興する6.8haの「公共ゾーン」で構成する。深谷市の資金で秩父鉄道が2018年秋に設置した新駅「ふかや花園駅」と直結させ、広域から人を呼び込む。施設全体で年間650万人の来場を想定している。

 キユーピーが「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」を整備するのは公共ゾーンだ。公共ゾーン全体を「深谷テラス」と呼び、市が整備する芝生広場やイベント広場に隣接してキユーピーの施設を整備する。土地は、地権者である市が事業用定期借地権を設定してキユーピーに賃貸している。建物は計画・整備・管理をキユーピーが行い、キユーピーの所有となる。事業期間は20年間である。

 「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」の設計は、日本工営(東京都千代田区)と黒川紀章建築都市設計事務所(東京都千代田区)。敷地面積は約1万7600m2である。広々とした農園の中に、マルシェやレストラン、野菜教室が入る平屋建ての建物を1棟建てる。来場者数は年間30万人を想定し、売上高は年間5億円を目標とする。

 なお、民間ゾーンでは三菱地所・サイモン(東京都千代田区)と三菱地所設計(東京都千代田区)が「(仮称)ふかや花園プレミアム・アウトレット」を整備し、2022年秋に開業を目指す。第1期の店舗数は100~120を予定している(深谷市の関連発表)。