西友つくば竹園店を出発したUGV(出所:楽天)
西友つくば竹園店を出発したUGV(出所:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]
スマートフォン向けの専用サイトから注文(出所:楽天)
スマートフォン向けの専用サイトから注文(出所:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]
遠隔管制システムで監視するオペレーター(出所:楽天)
遠隔管制システムで監視するオペレーター(出所:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]
自宅前までUGVが配送する(出所:楽天)
自宅前までUGVが配送する(出所:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天グループ、パナソニックホールディングス、西友の3社は、茨城県つくば市と連携して、自動配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)の公道走行による配送サービスを2022年5月28日から開始した。商品は注文から最短30分で配送される。配送サービスは7月30日までの毎週土曜日の計10日間提供される。

 今回の配送サービスは、つくばエクスプレスのつくば駅周辺の約1000世帯を対象に行う。西友つくば竹園店が取り扱う商品のうち、生鮮食品や冷凍・冷蔵食品、弁当・惣菜などの飲食料品、日用品など2000点以上を注文できる。手数料は1回あたり110円(税込)。

 楽天が開発したスマートフォン向けの専用サイトでユーザーが商品を注文すると、西友つくば竹園店でスタッフが商品をピックアップし、パナソニックが開発したUGVに商品を積む。自動配送ロボットは、つくば市から約60km晴れた「Panasonic Laboratory Tokyo」(東京・銀座)から遠隔管制システム「X-Area Remote(クロスエリア リモート)」を用いた遠隔監視・操作によって自動走行する。走行中、現地では保安要員1人が監視する。ユーザーは配送状況をスマホで確認でき、UGVが到着したらスマホで通知を受け取る。

 配送は1日8便まで。配達時間帯を指定する場合の配送枠は、11~18時の1時間ごとの計8枠。 スーパーの商品を、UGVの公道走行によって注文から最短30分で配送するオンデマンド配送の実現は国内で初だという。4者は今後もUGVの活用によるイノベーションを加速させ、安全・安心で便利な社会の実現を推進していく。

 つくば市は、楽天やパナソニックをはじめ75の企業・自治体・団体・大学の産官学で「つくばスマートシティ協議会」を組成し、ロボティクスやデータを活用して誰もが安全、便利で快適に暮らせる持続可能な市民中心のまちづくりに取り組んでいる。2022年4月には「スーパーシティ型国家戦略特別区域」に指定され、UGVによる配送サービスの実装を含む「つくばスーパーサイエンスシティ構想」の実現を目指している。