• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

飲食店と公衆トイレを整備、盛岡市が木伏緑地でPark-PFI公募

黒田 隆明【2018.6.12】

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
木伏緑地。盛岡駅近く、居住区と商業区が混在したエリアに北上川に沿って整備された約200mの帯状の公園だ。(写真:盛岡市)

 盛岡市は、木伏緑地で公募設置管理制度(Park-PFI)による飲食店などの設置と、公衆トイレの設計・建設、および木伏緑地全般の管理運営業務を行う事業者を募集している。応募時には、併せて利便増進施設の提案も可能だ。

 木伏緑地は、盛岡市の玄関口となる盛岡駅前地区の開運橋と旭橋の間にに位置する。北上川沿いの約200メートルの帯状の公園だ。盛岡駅前北地区土地区画整理事業により生み出された。

 飲食店などを想定した公募対象公園施設について、盛岡市では、イベントなどで活用しやすい賑わい創出に資する収益施設の提案を期待する。特定公園施設として整備するトイレは、事業者負担で設計・建設後に市が所定の金額で買い取る。管理運営については、市が認定計画提出者を指定管理者として指定する。

 市では公募設置等指針の交付を6月18日まで行い、質問を6月25日まで受け付ける。公募設置等計画の受付期限は8月3日。その後、8月中に公募設置等計画を認定し、選定した事業者との基本協定締結を経て2019年8月に供用開始予定だ。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ
健康ソリューション

<注目!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ