旭川空港に設置されたシェアサイクルポート(写真提供:コギコギ)
[画像のクリックで拡大表示]

 北海道東川町の「ひがしかわ観光協会」などが、東川町、旭川市、神楽町の1市2町でインバウンドの観光客向け広域シェアサイクルの実証実験を6月1日から開始した。域内の観光スポットに設けた専用駐輪場のどこでも返却できる。外国人観光客に地域の魅力を伝え、継続的に来訪してもらうことが目的だ。

 東川町は北海道の中央に位置し、移住者が増加している町として注目を集めている。大雪山国立公園に近く、自然に恵まれた町でありながら、旭川空港から車で約10分という好アクセスだ。1985年には「写真の町」、2014年には「写真文化首都」を宣言し、東川町国際写真フェスティバルや写真甲子園を開催するなど、写真文化を中心とした独自のまちづくりを展開している。

 2018年、旭川空港に国際線ターミナルが増設され、韓国や台湾などアジア圏からの観光客が増加。そこで、東川町の自然や町並みなど、車や電車では味わえない魅力を伝えて継続的にインバウンド客を獲得するため、滞在期間中の手軽な移動手段としてシェアサイクルの導入を決めた。

 シェアサイクルのプラットフォームは、シェアサイクルサービスを運営するコギコギが提供する。同社のスマートフォンアプリで利用を申し込み、スマホの無線通信機能を利用して自転車の施錠を開く仕組み。

 実験期間は2019年10月中旬までの約5カ月間で、旭川空港や旭山動物園など7か所のポートに30台の電動アシスト自転車を用意。料金は6時間1500円、12時間1800円の2プランだ。毎年夏に開催される「東川町国際写真フェスティバル」の期間中は、より手軽にシェアサイクルを利用できるプランを設けて集客を狙う。

 コギコギの担当者は「2017年5月に自転車活用推進法が施行され、シェアサイクルが注目されている。この町にしかない良さを発信でき、さらに新しい魅力も発見できるシェアサイクルを日本全国に広めていきたい」と語る。