国土交通省は、2020年夏頃をめどに「新型コロナ危機を踏まえた新しいまちづくりに係る論点整理(仮称)」を取りまとめる。8月までに都市再生、都市交通、公園緑地、都市防災、医療、働き方などの分野における有識者20~30人程度にヒアリング(非公開)を実施。個別ヒアリングを踏まえ「論点整理」を公表予定だ。

 ヒアリングでは、いわゆる「3つの密」の回避やテレワークの拡大など、新型コロナの感染拡大を契機として、都市(都心と郊外、都市交通、オープンスペースなど)のあり方はどのように変化するか、都市のあり方が変わっていく中で都市政策はどうあるべきかについて話を聞く。

国土交通省都市局まちづくり課によるプレスリリース