実証実験のイメージ(資料:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 神奈川県鎌倉市は、NTTコミュニケーションズと「コワーキングスペース・宿泊施設・カラオケ施設等を活用したテレワークの推進に係る実証実験に関する協定」を2021年6月7日に締結、NTTコミュニケーションズのアプリケーション「dropin」を利用した実証実験を行う。同アプリはすぐに一時利用できるカフェや、コワーキングスペースなどを検索し、利用したいワークスペースを予約できるというもの。

 実証実験では、テレワークスペースを利用したい事業者または個人と、市内のコワーキングスペースや宿泊施設やカラオケ施設などテレワークスペースの提供を希望する店舗をマッチングする。NTTコミュニケーションズは「Dropin」の提供のほか、利用者やテレワークスペース提供店舗の募集、実験データの集計および実験結果の取りまとめ行い、鎌倉市は、住民への周知、啓発や情報発信、本実験を進めるに当たり必要な行政手続を行う。

 また、実証期間中は協定により、「dropin」利用者は料金を半額で利用できるようになり、テレワークスペース提供店舗は利用料の決済ごとに発生する手数料(利用料の20%)が無料となる。

 実証期間は2021年6月中旬から9月30日までを予定。現在、スペース提供を希望する事業者を募集中だ。両者は住民のテレワーク実施率や、実施時間、効率性、テレワークスペースに対するニーズなどを調査する。