川崎市は、「高津区保育・子育て総合支援センター」について、併設する民間施設や事業手法に関するサウンディング調査を実施する。6月29日に現地見学会を開催、参加申し込みは6月15日まで。調査の参加申し込みは7月19日まで、8月3日~19日に対話を行う。

想定する整備スケジュール(資料:川崎市)
想定する整備スケジュール(資料:川崎市)
[画像のクリックで拡大表示]

 対象地は、JR南武線津田山駅徒歩4分の津田山保育園。築49年の園舎建て替えに合わせて、地域の子育て拠点と研修スペースなどを併設した複合施設の整備を検討している。2023度冬~24年冬頃にかけて事業者選定、27年7月開園を目指す。

 5階建て約1875m2の建物のうち、4階・5階を民間事業者の提案による施設もしくは市営の子育て関連施設とする計画だ。民間施設は保育・子育て施設との親和性があり、騒音を発生せず、駐車場を設置しないことが条件。調査では、施設の用途と整備手法について提案を求める。