「Beyond Health」2021年6月14日付の記事より

 横須賀市立市民病院(神奈川県)の医療従事者にランチをオンデマンドでドローン配送する――。そんな実証実験が、2021年6月10日に実施された。

ドローン配送された牛丼を受け取る医療スタッフ(出所:プレスリリース、以下同)
ドローン配送された牛丼を受け取る医療スタッフ(出所:プレスリリース、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 この取組みは、2019年12月に神奈川県のドローン前提社会の実現に向けたモデル事業として採択された「ドローン物流定期ルートの開設に向けた実証実験」ならびに横須賀市の地域課題解決を目指した「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の一環。同時に、2022年度の「空の産業革命 レベル4」解禁に向けて、将来の食料品や医薬品のドローン定期配送を見据えた取組みでもあるとしている。

 空の産業革命レベル4とは、2020年7月に発表された小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会による「空の産業革命に向けたロードマップ2020」で明記されている、2022年度を目標とした「有人地帯での補助者なし目視外飛行」の実現フェーズのことを指す。

約5.2kmの航路を約10分間飛行

 実証実験は、エアロネクスト、ACCESS、出前館、吉野家が、神奈川県と横須賀市、横須賀市立市民病院、神奈川県立海洋科学高等学校の協力のもとで実施した。出前館のアプリで注文された吉野家の牛丼弁当を横須賀市立市民病院の医療従事者に届けた。

配達員が牛丼を受け取る様子
配達員が牛丼を受け取る様子
[画像のクリックで拡大表示]

 飛行区間は横須賀市立石公園から横須賀市立市民病院。大まかな流れは次の通り。まず、出前館のアプリで注文された吉野家の牛丼弁当が、吉野家のキッチンカーで調理され専用ボックスに格納。出前館の配達員によってドローン離陸地点(立石公園)まで搬送。

 専用ボックスがドローンにセットされ、ドローンは立石公園から離陸。海上4.5km、陸上0.7kmの合計約5.2kmの航路を約10分間飛行し、横須賀市立市民病院屋上に着陸。医療従事者に届ける。

今回の実証実験のデリバリーの流れ
今回の実証実験のデリバリーの流れ
[画像のクリックで拡大表示]

 横須賀市立市民病院は、新型コロナウイルス感染症の入院が必要と診断された中等症の患者を受け入れる「重点医療機関」に指定されている。食事事情としては、周辺に昼食場所も少なく、昼食のため外出する時間的余裕もままならない中、新型コロナウイルス感染症対策により病院内の食堂も時間短縮で運営されており、医療従事者が温かいランチを取りにくい環境だという。

 なお、使用機体はエアロネクスト製。独自の機体構造設計技術「4D GRAVITY」を搭載し、飛行部と荷物搭載部が分離した構造の、物流用途に特化した物流専用ドローン。2021年3月に発表された⾃律制御システム研究所(ACSL)とエアロネクストの共同開発の最新の機体で、今回が初披露となった。

エアロネクストの物流用ドローンの最新試作機
エアロネクストの物流用ドローンの最新試作機
[画像のクリックで拡大表示]