大阪府大東市は、末広公園の一部エリア「OSSAN横丁(仮称)」でやりたいことを随時募集している。まずは同市みどり課に電話かメールで相談し、許可されれば実施できる。応募者の居住エリアや個人・組織等は問わず、募集期限は設けていない。

 末広公園は、JR学研都市線住道駅の南に位置する約1haの都市公園。遊具やトイレ、水飲み場が設置され、市民まつりなどのイベントが開催されている。今回利用できるのは、末広公園の芝生エリア約420m2。末広公園や住道駅周辺の活性化を目的として、さまざまな人が利用できるスペースとなっている。「O=オモロイこと、S=ステキなこと、S=さぁ~みんなでつくろう!、A=あふれる笑顔 幸せのまち、N=日本一のまちに」で、オモロイまち・広場になったらいいなという思いを込め、OSSAN横丁(仮称)と名付けられた。

募集の対象となる末広公園はJR学研都市線住道駅のすぐ南に位置している(資料:大東市)
募集の対象となる末広公園はJR学研都市線住道駅のすぐ南に位置している(資料:大東市)
[画像のクリックで拡大表示]

 コンセプトは誰もが楽しめるスペースで、やってみたいことを募集中。市では、歌、演奏、漫才、大道芸、ダンスイベント、朝市、キッチンカー、グルメイベント、物品販売を例示。「まずは何でも相談してほしい」と呼びかけている。

 利用にあたっては、大東市都市公園条例に基づき使用面積に応じた使用料がかかる。2022年6月1日から、横丁の活性化に寄与することを目的とした活動の場合、使用料を5割減免できよるうになった。例えば、物品販売等は1日あたり800円/m2が400円/m2になる。

大東市は大阪府の東部に位置している(資料:大東市)
大東市は大阪府の東部に位置している(資料:大東市)
[画像のクリックで拡大表示]

 大東市内には約150の公園があり、物品販売やイベント等に利用できる。市では公園全体の利用を促進するため、末広公園を一例として啓発を行っている。