[画像のクリックで拡大表示]
対象施設の位置図(資料:常総市)

 茨城県常総市は、46施設を維持管理する151業務の包括委託を目指し、公募型プロポーザルを実施する。業務期間は2020年4月~25年3月、委託料の上限額は5億4250万円。

 対象となる施設は、本庁舎と石下庁舎、小中学校、幼稚園、保育所、図書館、斎場、地域交流センターなど。一部の施設見学を、7月9日・10日に実施する。見学申し込みは6月25~27日。プロポーザルの参加申し込みは7月29日~31日、企画提案書の提出は8月2日まで。書類(第1次)審査のうえ、8月27日にプレゼンテーションを実施、9月中旬に結果通知、2020年3月下旬に契約、4月に業務を開始する。

 企画提案書には「同種業務実績」「常総市の現状に対する考え方」「包括管理の基本的考え方」「実施体制」「業務工程表」「緊急対応体制」「付加価値についての提案」「参考見積額」の記載が求められる。第1次・第2次を通じた審査の合計点は250点で、うち「付加価値に関する提案」の配点が110点を占める。「参考見積額」の配点は35点だ。

 市は2016年度から公共施設包括管理の検討を進め、これまでに2回のサウンディング型市場調査を行ってきた。第1回は10事業者、第2回は6事業者が参加した。