豊島邸外観(出所:小田原市)
豊島邸外観(出所:小田原市)
[画像のクリックで拡大表示]
豊島邸の位置(出所:小田原市)
豊島邸の位置(出所:小田原市)
[画像のクリックで拡大表示]

 神奈川県小田原市は、国登録有形文化財の豊島邸の活用策について、民間事業者からの提案を募集する。事前相談・現地見学の申し込みは7月15日まで。提案をする事業者は事前相談が必須となる。その後、8月25日~9月7日に提案を受け付け、9月中旬以降に審査を行う。

 豊島邸はJR小田原駅から車5分、徒歩15分に位置する。1941年建設の木造平屋で、旧城下町の武家地の様子を伝える門や塀、和風庭園を備えており、敷地面積は881.21m2、床面積は150.09m2。

 今回の募集は小田原市の民間提案制度に基づくもの。市有の豊島邸を民間に貸し付けて有効活用を図る。提案の要件は「地域課題の解決」「まちの魅力向上」「生活の質の向上」「地域経済の好循環」「歳入の増加、歳出の削減」のいずれかにつながること。活用にあたっては、何らかの形で「豊島」の名称を残す必要がある。土地建物の貸し付け料は月額15万円、貸し付け期間は最大10年。最低限の庭園整備費用は市が負担する。

 審査の結果、採用となった提案については、提案内容を基に事業化に向けた詳細協議などを行う。協議の期間は原則として提案の採用から12カ月以内。協議が整った場合、議決を経て予算措置が成立した後に両者は契約を行う。事業者は、事業実施後の市のモニタリング調査に協力する。