豊田市とSkyDrive(東京都新宿区)は「物流ドローンの災害時活用及び社会実装促進に向けた協定」を6月25日に締結。協定に基づく具体的な取り組みとして、災害時には、SkyDriveが豊田市の要請に基づき、同社が製造する約30kgの荷物運搬が可能な物流ドローンを提供していく。主に大規模な地震や風水害などの災害によって道路が寸断された場合における、山間部への救援物資の供給を想定している。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
災害時に使用予定のドローン。最大30kgの荷物を運搬、着陸せずに荷下ろしする。ワンボックスカーで運搬できるサイズだ(写真:2点ともSkyDrive)
 今後、両者は平時における物流ドローン活用の検討や実証実験を行っていく予定だ。SkyDriveが災害時におけるドローンを行う協定を結んだ自治体は豊田市が初となる。

 SkyDriveは2020年12月に、愛知県、豊田市と、大規模地震時の物流ドローンを活用した孤立集落への物資運搬を想定した「災害物流訓練」を実施するなど、災害時のドローン活用について検討を重ねてきた。また、同社は2019年5月に豊田市と「新産業創出へ向けた『空飛ぶクルマ』開発に関する連携協定」を締結し、同市のものづくり創造拠点SENTANでの機体開発や市有地を活用した実証フィールドにおける屋内飛行試験などを行っている。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/062702041/