バーベキュー用の食材を購入できる(写真:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]
猿島のドローン着陸ポート(写真:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天と西友は、神奈川県横須賀市の「西友 リヴィンよこすか店」から同市の猿島公園の利用者に向けてドローン配送サービスを開始する。実施期間は2019年7月4日から3カ月間。

 猿島は年間20万人以上の観光客が訪れ、夏は特にバーベキューや海水浴、釣りを目的に来場する客が多い。一般利用者を対象とした離島でのドローンによる商用配送サービスは国内初。

 今回のドローン配送サービスは、楽天が神奈川県に県内でドローンの実証実験の実施を打診したのがきっかけ。その結果、東京湾唯一の無人島の猿島での実施が決まった。

 横須賀市は2018年3月からスマートモビリティを活用した新規ビジネス創設や社会課題解決のため、「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」を推進。スマートモビリティ開発の中心地となることを目指しており、先進モビリティ技術の研究開発や実証実験、社会実装の支援を積極的に進めている。今回に関しては、市の公園や港湾施設の上空をドローンが飛行するための調整などの面で支援を行ったという。

 猿島を訪れる利用者は、スマートフォンなどにインストールした「楽天ドローン」の専用アプリで、猿島対岸にある「西友 リヴィンよこすか店」で商品を注文する。販売対象は、バーベキュー用の精肉や野菜、酒、飲料、救急用品など約400品目。商品代金とは別に配送料が500円かかる。

 オンライン決済で支払いを行うと 注文が完了。商品は指定時間に専用ドローンがドローン着陸ポートへ配送する。要冷蔵の商品は西友が開発した専用の保冷バッグを使用する。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「楽天ドローン」のスマホアプリの注文画面。配送状況も確認できる(提供:楽天)

 実施期間は2019年7月から9月までの木・金・土曜日。実施日の午前0時から受付を開始。雨天や強風などによる悪天候の日は中止する場合がある。当日の配送の有無はアプリで確認できる。

 横須賀市の担当者は「将来的は横須賀市内の高台など、ややアクセスの悪いエリアへの配送や、災害時の対応などでドローンを活用したい。ドローンの活用には課題が多いが、本サービスを通して、利用者や市民からの需要を確認し、次のステップへ進みたい」と語る。