岡山西部総合公園の位置(出所:岡山市)
岡山西部総合公園の位置(出所:岡山市)
[画像のクリックで拡大表示]
岡山西部総合公園の区域図(出所:岡山市)
岡山西部総合公園の区域図(出所:岡山市)
[画像のクリックで拡大表示]

 岡山市は「岡山西部総合公園(仮称)」の全面開業に先立ち、管理棟と岡山ドーム・多目的広場などを活用して社会実験を行う事業者を募集する。7月31日に説明会を開催(参加申し込みは7月23日まで)、9月30日まで提案書を受け付け、10月上旬にプレゼンテーションによる審査を行う。

 岡山西部総合公園は、JR岡山駅から約4km、隣駅の北長瀬駅から徒歩7分に位置し、面積約14.3ha。2023年4月に全面オープンする予定で、2003年に開設された岡山ドームのほか、イベント広場、多目的広場などが供用を開始している。今後、鉄骨造2階建て・床面積1460m2の管理棟が完成する予定で、社会実験はその管理・運営と、整備済みの公園施設を活用したイベントなどを行うものだ。

 管理棟にはエントランスホールやトイレなどの共用部があり、事業者はこれ以外の部分に便益施設などを配置し、共用部と一体に使って事業を行う。期間は2021年11月(予定)から2023年1月までの15カ月。事業者は市に管理棟の管理許可使用料、公園施設の使用(行為)許可使用料を納め、事業収益によって事業を営む。

 公募では、事業コンセプト、管理棟の管理・運営、管理棟に配置する便益施設などの管理・運営、公園施設での賑わい創出に関する取り組み、管理・運営体制、管理許可使用料と収支計画などについて提案を求める。なお、管理許可使用料は設置する施設の種類によって最低価格が定められている。