9カ所の市立地区集会場の位置(出所:玉野市)
9カ所の市立地区集会場の位置(出所:玉野市)
[画像のクリックで拡大表示]

 岡山県玉野市は、民間事業者が暫定利用できるトライアル・サウンディングを市が保有する10カ所の施設で行う。暫定利用は2021年12月28日まで。期間中、事業者募集を随時実施中だ。希望者は市の市公共施設交通政策課(事務局)と事前協議を行った上で、エントリーシートなどの書類を提出する。事務局の審査を経て、許可が出れば原則1日から1カ月程度、施設を暫定利用できる。

 暫定利用者は、利用中のモニタリングと利用期間終了後のヒアリングに協力し、利用実績をまとめた資料を提出する必要がある。市では、暫定利用者からフィードバックされた課題などを今後の施設活用方針に生かしていく。

 対象施設は、旧玉野市消防庁舎の1階駐車場部分と、市立地区集会所9カ所(藤井コミュニティハウス、玉原ニュータウン集会所、御崎シーサイド集会所、第1向日比コミュニティハウス、向日比コミュニティハウス、渋川コミュニティハウス、東紅陽台1丁目集会所、東紅陽台2丁目集会所、見石ニュータウンコミュニティハウス)の建物以外の敷地。

 提案内容は、(1)確実に実施できる内容であること、(2)公共を利用する利用者の利便性、サービスと満足度が向上する提案内容であること、(3)暫定利用にあたって、市の財政負担を求めるものではないこと、のすべてに該当するものとしている。

 旧玉野市消防庁舎は駐車場部分に加えて建物以外の敷地が利用できる。1階駐車場部分は6つの区画に分けられており、1区画1日あたりの使用料は100.8m2の区画は443円、112m2なら492円。集会所敷地の使用料は原則免除する。トライアル・サウンディング希望者は、いずれの施設も事前に随時現地調査が可能だ。