経済産業省北海道経済産業局、旭川医科大学、ANAホールディングス、アインホールディングスは、旭川市などの協力のもと、オンライン診療・オンライン服薬指導と連動した、ドローンによる処方箋医薬品の定温配送での非対面医療の実証実験を行う。実施日は2020年7月18日・19日(予備日:8月1日・2日)。

実証実験のエリアと全体ルート(資料提供:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]
ドローン機体(エアロセンス)
[画像のクリックで拡大表示]
医薬品保冷BOX(トッパン・フォームズ)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料提供:経済産業省)

 実証実験の主な目的は、(1)医薬品や日用品などの恒常的な配送体制維持が困難となりつつある地域の課題解決と、(2)withコロナ時代における診療・服薬指導や配送時の感染リスク低減の2つ。実際の活用を想定し、以下のシナリオで実証を行う。

  1. 旭川医科大学病院のオンライン診療による処方箋に基づき、アイン薬局旭川医大店で、薬局薬剤師がオンライン服薬指導のデモンストレーションを実施。
  2. アイン薬局旭川医大店から特別養護老人ホーム 緑が丘あさひ園までの間(距離約540m)で、ドローンによる処方箋医薬品配送を実施。
  3. 緑が丘あさひ園に到着後、配送した処方箋医薬品の品質・状態をオンラインで確認

 経産省北海道経済産業局では、今回の実証実験を通じて、道内におけるドローンの地域実装に向けた課題の洗い出しやビジネスモデルの具体的な検討を進める。将来は、地方における通院困難者に対して、「オンライン診療→電子処方箋発行→オンライン服薬指導→ドローンによる処方箋医薬品配送」という一連のサービス提供を目指す。

 実証実験の主な役割分担は以下の通り。

  • 【事業主体】経済産業省 北海道経済産業
  • 【実証実験協力】旭川市、特別養護老人ホーム 緑が丘あさひ園
  • 【オンライン診療】国立大学法人 旭川医科大学
  • 【事業取りまとめ/ドローン運航】ANAホールディングス
  • 【オンライン服薬指導、配送対象物(医療関連)の提供】アインホールディングス
  • 【ドローンおよび技術者の提供、運用・技術指導支援】エアロセンス
  • 【温度管理サービスの提供(医薬品保冷ボックス、温度ロガーなど)】トッパン・フォームズ
  • 【事業支援】日通総合研究所

 なお、この実験は厚生労働省が発表した「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」に基づいて行われる。また、経産省によると、オンライン診療、オンライン服薬指導、ドローンによる処方箋医薬品配送という一連のプロセスを実証する実験は国内初の取り組みだという。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/071101626/