ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)のグループ会社で、指定管理者として長崎市の稲佐山公園を運営するリージョナルクリエーション長崎(長崎県長崎市)は、7月18日に「INASA TOP SQUARE」を開業した。

「INASA TOP SQUARE」の外観イメージ(資料:ジャパネットホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 稲佐山公園は長崎市のランドマークとして市民に親しまれている。「INASA TOP SQUARE」はその山頂エリアのリニューアルだ。長崎港を見下ろす展望台の内部を再整備し、長崎市の中心市街地で人気のカフェ「HafH Café & BAR SKY」を誘致。また、屋外にはキッチンカーによるハンバーガーショップ「SHOGUN BURGER」とスイーツショップ「Shachu Shachu」を配置した。

 リージョナルクリエーション長崎は今年4月1日から25年3月31日まで5年間の指定管理者の指定を受けており(関連記事)、今後は中腹エリアのリニューアルも予定している。