「Beyond Health」2020年7月17日付の記事より

 宮城県仙台市は、「HealthTech(ヘルステック)推進事業 2020」のキックオフイベントを2020年7月14日に開催した。東北大学病院が洗い出した仙台市の健康課題や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を踏まえた5つの課題を対象にビジネスアイデアを募集する。優れたビジネスプランに対しては、2021年度の製品化・サービス化を支援していく。

 HealthTech推進事業は、ヘルスケア領域の課題をITで解決することを目指してフィリップス・ジャパンと協力し2019年度から実施している。2020年度は、新たに東北大学病院をパートナーに迎え、産学官の連携でヘルスケア関連の製品やサービスの開発を支援するオープンイノベーション環境を提供していくという。

「バイオデザイン」のノウハウを提供

 仙台市や東北地方は、全国に先駆けて高齢化が進展していることや、メタボリックシンドローム該当者が多いことから、「健康課題先進地である」と仙台市長の郡和子氏は位置づける。この課題を世界に先んじて解決し、国内外に通用するサービス創出を目指したイノベーションの取り組みがHealthTech推進事業だ。

宮城県仙台市 市長の郡和子氏(写真:キックオフイベントの画面キャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年度は63社の企業から143人が参加し、多くのビジネスアイデアが生まれたという。今後はそのうちの6社に参加してもらいながら、製品化・サービス化を目指していく。

 2020年度に募集する5つのテーマは、具体的に(1)学童の塩分摂取、(2)特定健康診査・指導、(3)老々介護、(4)生活の習慣、(5)コロナ禍での介護現場への人の往来、である。応募締め切りは2020年8月11日17時としている。

5つの募集テーマ(出所:キックオフイベントの発表資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 応募企業のうち選考を通過した10社には、医療機器の開発手法である「バイオデザイン」の講座を通じた開発ノウハウを提供する。このほか、専門家によるアドバイスや東北大学病院などの医療現場を訪れる機会などを提供し、「企業のイノベーションを応援していきたい」と郡氏は話す。