大阪府泉佐野市と日本電気(NEC)は、持続可能な新しい観光地域づくりに関する連携協定を7月9日に締結した。今後、ICTを活用した新しい観光サービスの提供とデータ利活用による観光活性化施策の検証を行っていく。その第1弾として、観光情報配信とシェアサイクルによる観光サービス実証を行う。

おすすめ観光情報の配信イメージ(資料:泉佐野市、NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 シェアサイクルの仕組みはオーシャンブルースマート(東京都板橋区)の「PiPPA(ピッパ)」を採用。まずは泉佐野市市内に駐輪ポートを4カ所(りんくうタウン3カ所、泉佐野駅1カ所)に設置し、7月に入りシェアサイクルのサービス自体は既に始まっている。

 実証実験の内容は、シェアサイクルの位置情報や利用者本人が申告した年齢などを基に、周辺の観光情報をシェアサイクル利用者のスマートフォンに自動的に配信すると いうもの。観光客向けの情報配信については、2021年度は関係者を対象として実証実験を行い、22年度以降に利用規約に同意した国内の一般利用者に向けたサービスを開始する予定だ。

 泉佐野市とNECは、サービスから得られた観光客の属性や行動データを活用する仕組みを構築し、観光リピート化・ファン拡大・施策改善に向けた検討を進める。シェアサイクルやおすすめ観光情報を配信し、利用者に泉佐野市内に点在する観光地を広く周遊してもらうことで、観光滞在時間を延ばし消費の拡大に繋げることを目指す。

スマートフォンへの観光情報配信の概要(資料提供:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、この取り組みは、大阪スマートシティパートナーズフォーラム「インバウンド・観光の再生」分野における第1期プロジェクトとして位置付けられている。大阪スマートシティパートナーズフォーラムとは、 “大阪モデル”のスマートシティの実現に向けた推進体制として、大阪府や大学、企業、府内市町村などが連携して2020年9月に設立した団体だ。