• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

幕張海浜公園の民間活用アイデアを募集、千葉市

山田 雅子=ライター【2018.8.1】

幕張海浜公園全図。今回のサウンディング調査の対象はA・B・C地区だ。なお、図中のQVCマリンフィールドは現・ZOZOマリンスタジアムである(資料:千葉市)
[画像のクリックで拡大表示]

 千葉市は、県立幕張海浜公園の活用可能性について、広く民間事業者から意見を求めるサウンディング型の市場調査を実施する。幕張海浜公園は、JR海浜幕張駅をはさんで内陸側と海側にまたがる約70ヘクタールの広さの公園だ。公園の主要な施設としては、大芝生広場や花時計、日本庭園、ZOZOマリンスタジアムなどがある。A~Gの7ブロックで構成され、海側のD・Eブロックでは、サッカー日本代表のためのトレーニング施設「JFAナショナルフットボールセンター」を建設中だ。

 千葉市は、幕張地区の魅力向上への取り組みの一環として、地区内で重要な立地にある同公園を県から市に移管することを希望している。県と市は、将来の移管を視野に、管理業務を試験的に市に委ねることを大筋で合意しており、今回、市が同公園の活用可能性を調査することになった。3年程度の試行期間を経て、正式な移管の可否を判断する見通しだ。

 サウンディング調査は、9月25日から10月3日の間に実施する。調査への参加申し込みは9月20日まで。調査結果などを踏まえ、12月以降に市が民間事業者を公募予定だ。また、調査に先立ち、8月1日には第1回目の事前説明会を実施した。8月9日には2回目を、8月21日には3回目を実施する(3回とも同内容)。2回目、3回目の事前説明会の申し込み締め切りは、それぞれ8月7日、8月17日となっている。

 今回の調査の対象は、海浜幕張駅をはさんで内陸側にあるAブロックと、同駅から海岸に向かう動線上にあるBブロックとCブロックだ。Aブロックは、開発中の若葉住宅地区(幕張ベイパーク)と近接し、BブロックとCブロックは、大規模マンションが立ち並ぶ幕張ベイタウンと隣接している。Bブロックには、大芝生広場と花時計、遊具のあるわんぱく広場などがあり、Cブロックは、日本庭園(美浜園)と茶室(松籟停)を中心とした公園となっている。広さはAブロックが5.5ヘクタール、Bブロックが10.3ヘクタール、Cブロックが3.6ヘクタールで、合計19.4ヘクタールだ。

 提案にあたっては、ブロックごとにポイントがあり、Aブロックは、海浜幕張駅から若葉住宅地区の間の動線改善、Bブロックは、大芝生広場を活かした賑わいづくりと、海浜幕張駅から幕張ベイタウンの間の動線改善、Cブロックは、日本庭園と茶室の利活用と日本文化の発信、およびBブロックからCブロックを経て、海に面したDブロックへとつなぐ動線の改善となっている。また、3ブロック共通のポイントとして、周辺地域の理解と参加、幕張新都心の回遊性と賑わいの創出、ブロック間の往来促進、開かれた公園づくりを挙げている。

 これらを踏まえて、調査では、提案者自らが主体となって実施することを前提に、賑わいを創出する施設の整備と公園改修、公園運営、イベントなどの内容を提案する。提案は、事業の収益で、継続的な事業運営と公園の管理運営が実現できる事業スキームとする必要がある。提案する事業区域は、A~Cブロック全域でも、各ブロックの一部区域でも構わない。上空や地下空間など、事業区域を立体的に活用する提案も可能だ。

 提案に必ず盛り込む項目は、現状分析、事業内容(スキーム、利用料金、収支計画、効果など)、事業区域、公園サービスの向上内容、利用者層および集客の範囲・予定人数、使用料、事業期間・スケジュール(事業期間の目安は最大20年間)の7点だ。これらに加え、必須ではないがナイトタイムエコノミー(夜間の消費活動を喚起する施策)に関する提案も求める。事業方式は、提案者の負担により実現可能なものとし、

(1)民設民営による施設の整備・運営
(2)民設民営と一部の公共施設部分を含めた施設の整備・運営
(3)施設整備を伴わないパークマネジメントやイベント

の3パターンのいずれか、または、この3パータンの組み合わせを想定している。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ
健康ソリューション

<注目!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ