新潟県は2021年7月16日から9月12日まで、湯沢町において、地域住民、観光客、ビジネス利用者などが自由に移動できる交通環境を整備する「湯沢版MaaS」の実証実験を実施する。バスおよびタクシーの定額チケット「yuûmo」を発行するとともに、バスとタクシーの乗り換え拠点となる岩原トランジットセンターを新設する。

 定額チケットのyuûmoにはバス用とタクシー用がある。バス用yuûmoの販売価格は2日券が500円(税込み、以下同)、5日券が1000円、1カ月券が3000円で、有効期間中は複数の事業者が運行する路線バス、シャトルバスを何度でも利用できる(yuûmoホームページ)。

yuûmoチケットのバス・タクシー利用エリア(出所:湯沢版MaaS推進協議会)
[画像のクリックで拡大表示]

 路線バスは、南越後観光バス(南魚沼市)が運行する旭原線(湯沢駅前~大源太キャニオン)と土樽線(湯沢駅前~土樽)が対象。シャトルバスは今回の実験に合わせて運行を開始したもので、南越後観光バスが運行するグリーンライン(岩原トランジットセンター~湯沢車庫前)、エンゼル観光(湯沢町)が運行するパープルライン(越後湯沢駅西口のエンゼルグランディア駅前案内所~ホテル「エンゼルグランディア越後中里」)が対象となる。このうちパープルラインはもともとエンゼルグランディア越後中里の送迎バスとして運行していたもので、今回の実験期間中に限り、乗合バスとして利用可能とする。ホテル送迎バスと一般の乗合バスを同一の定額チケットで利用できるようにしたのは全国で初という。

 タクシー用yuûmoの販売価格は1週間券が3000円、1カ月券が8000円で、岩原スキー場前駅や岩原トランジットセンターを含む岩原地区が対象エリアとなる。有効期間内に1週間券は4回まで、1カ月券は12回まで、ゆざわ魚沼タクシー(湯沢町)とアサヒタクシー(同)のタクシーを利用できる。

 湯沢版MaaSは、新型コロナ感染の収束後を見据えて新潟県が2020年度から実施している「地域活性化リーディングプロジェクト」の一環となる(地域活性化リーディングプロジェクトのホームページ)。同プロジェクトは、首都圏から人と企業を呼び込み地域を活性化するための取り組みであり、湯沢版MaaS以外に、湯沢エリアでのワ―ケーションプログラム実証、妙高エリアでの官民連携イノベーションプラットフォーム「みょうこうミライ会議」、佐渡エリアでの佐渡ビジネスコンテストなどを展開している。