青葉山公園(追廻地区)のイメージ(出所:仙台市)
[画像のクリックで拡大表示]
西公園(市民プール跡地)のイメージ(出所:仙台市)
[画像のクリックで拡大表示]
青葉山公園と西公園の位置(出所:仙台市)
[画像のクリックで拡大表示]

 仙台市は、青葉山公園と西公園のおのおの一部で民間が実施する事業について、マーケットサウンディングを実施する。説明会は開催せず、質疑はメールで行う。事前質問の受け付けは8月7日まで。回答は8月14日までにホームページに掲載する。参加申し込みは8月21日まで、提案書の提出は9月11日まで。希望する事業者のみ、9月14〜18日に対話を実施する。結果の公表は10月中旬の予定だ。

 青葉山公園の対象区域は、現在市が整備中の「追廻地区」の約7.5ha。2022年度に情報ラウンジやカフェを備えた公園センターが開園する予定で、2023年度に全国都市緑化フェアの開催を目指している。事業者には、この公園センターを拠点とした公園の運営、維持管理、市民参画の推進を求めるほか、自主事業として飲食・物販事業や有料プログラムの開催を許可する。

 西公園は、広瀬川を挟んで青葉山公園の対岸に位置する。2007年度から再整備が進んでおり、今回の提案対象となるのは市民プール跡地の約3.5ha。青葉山公園とともに、全国都市緑化フェアの開催予定地だ。事業者には公園の魅力と利便性を高める自由提案事業を求めている。

 提案は、2つの公園のどちらか、または両方を対象としてもよく、2つの公園をまとめて1つの提案にしてもかまわない。公園の魅力向上に寄与する施設やサービスと、その対象区域や期間、概算事業費に関する提案、また、市が想定する事業方式に対する意見を求めている。