I-Campの様子(出所:東急)
I-Campの様子(出所:東急)
[画像のクリックで拡大表示]
2022年度の伊東市のスケジュール(出所:静岡県、伊豆急行、東急の共同リリース)
2022年度の伊東市のスケジュール(出所:静岡県、伊豆急行、東急の共同リリース)
[画像のクリックで拡大表示]

 静岡県、伊豆急行(静岡県伊東市)、東急の3者は7月5日、2022年度の公民連携による地域課題解決型研修プログラム「I-Camp(アイキャンプ)」を開催すると発表した。2021年度に続き、22年度も伊東市で7月から実施しているほか、新たに東伊豆町で10月から実施する。

 I-Campは、3者が2020年2月に締結した「企業研修誘致による地方創生の推進に関する連携協定」に基づき開発した研修プログラム。企業研修の企画運営を手掛けるコンサルティングアソシエイツ(東京都中央区)が主催し、2021年度から実施している。自治体職員、地域の企業、首都圏の企業が参加し、約4カ月・計7日間にわたって地域のリアルな課題に対する解決策の共創に取り組む。県・市町とも予算の支出はない。

 地方側は社会課題の解決支援、産業振興支援、関係人口拡大などの効果が、企業側は実践的人材育成、事業創造の機会を得る効果が期待される。2021年度は、伊東市の「若年人口の流出・減少抑制」をテーマに、5企業12名と伊東市役所2名の合計14名が3チームに分かれて取り組み、伊東市長へ課題解決案のプレゼンテーションを実施した。

 2022年度は、伊東市で「商店街の活性化」をテーマに、首都圏企業の東日本電信電話(NTT東日本)、花王グループカスタマーマーケティングほか2社から計12名、地域企業の三島信用金庫、伊豆急グループから計3名、伊東市役所から2名の合計17名が参加する。期間は7月12日~10月19日のうち計7日。オンライン研修だけでなく、新型コロナウイルス感染状況を見ながらフィールド研修も実施する予定。

 また、東伊豆町では「農業の事業継承・後継者問題」をテーマに実施する予定。期間は10月12日~2023年2月8日のうち計7日。詳細は調整中で、参加企業を募集している。