NEKKO OKAZAKIの外観(出所:パナドーム)
NEKKO OKAZAKIの外観(出所:パナドーム)
[画像のクリックで拡大表示]
NEKKO OKAZAKIの内観(出所:パナドーム)
NEKKO OKAZAKIの内観(出所:パナドーム)
[画像のクリックで拡大表示]
NTT岡崎ビルの位置(出所:岡崎市)
NTT岡崎ビルの位置(出所:岡崎市)
[画像のクリックで拡大表示]
KURUWA戦略の対象エリア(出所:岡崎市)
KURUWA戦略の対象エリア(出所:岡崎市)
[画像のクリックで拡大表示]

 愛知県岡崎市、パナドーム(岡崎市)、西日本電信電話(NTT西日本)は、愛知県岡崎市が推進する乙川リバーフロント地区の公民連携まちづくりプロジェクト「QURUWA(くるわ)戦略」の一環として、NTT西日本が所有する通信ビル「NTT西日本岡崎ビル」1階に複合施設「NEKKO OKAZAKI(ネッコ オカザキ)」を7月22日にオープンした。

 NEKKO OKAZAKIは、名鉄東岡崎駅から徒歩8分に立地するNTT西日本岡崎ビルの1階部分をコンバージョンした。岡崎市とNTT西日本が2019年6月に締結したスマートシティ実現に向けた連携協定に基づき、NTT西日本と岡崎市は共同で同ビルの募集要項を策定・公募を実施(関連記事)">(岡崎市の発表)。「乙川リバーフロント地区公民連携まちづくり基本計画(QURUWA戦略)」に基づき、公民連携事業による「市民の暮らしの質の向上」と「敷地単位ではなくエリアの価値向上」の実現を目的として事業者を募集した。事業者に選定されたのは、薬局事業、福祉介護事業、デザイン事業、飲食事業などを手掛けるパナドーム。応募事業者数1社だった。

 「NEKKO OKAZAKI」は、市は直接関わらない民間の事業となる。主な出店店舗は、ベーカリーにカフェスペースを併設し管理栄養士が常駐する「NONOJI(ノノジ)」、国内外のクラフトビールを取り扱うショップ「Hasta mañana!(アスタマニャーナ)」、3Dプリンターなどを備えものづくりの背景を学べるアクティブ・ラーニング体験施設「みんなおうち『HATSUMEI堂』」など。

 「QURUWA」とは、東岡崎駅、桜城橋、籠田公園、りぶら(図書館交流プラザ)、岡崎公
園などの拠点を結ぶまちの主要回遊動線のこと。QURUWA戦略では、公共投資による公共空間の再構築・一体的整備と合わせて、事業性と公益性の両立を追求するパブリックマインドを持つ民間を引き込む公民連携プロジェクトを実施することで、まちの回遊性実現を目指す。さらに波及効果として、街の活性化(暮らしの質の向上、エリアの価値向上)を図る。
 
 NEKKO OKAZAKIは、「暮らしの充実のきっかけづくり」をコンセプトに、食や体験、学習、エンターテインメントを通じて、岡崎市が推進する「スマートウェルネスシティ」(身体面の健康だけでなく、人々が生きがいを感じ、安心・安全で豊かな生活を送ることのできる街)の実現に向けた一役を担う施設を目指す。岡崎市はパナドームと「NEKKO OKAZAKI」オープン前から協議を重ね、店舗だけでなく隣接する中央緑道の賑わい創出への参画や地元との調整などを行ってきた。今後もこうした協議を継続していくという。