温度・湿度を計測するIoTセンサー(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]
28カ所のセンサーによって柏の葉エリアの温度・湿度を可視化する(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 柏の葉IoTビジネス共創ラボは2019年8月7日までに、千葉県柏市「柏の葉エリア」(約4㎢)の28カ所に、温度・湿度を計測するIoT(Internet of Things)センサーを設置した。今後、IoTセンサーの計測データを蓄積・分析して、熱中症対策や見守りなどの住民サービスを創出するとともに、街の緑化や噴水・水景施設の活用などのヒートアイランド対策につなげていく。見守りサービスの具体例としては、子供の屋外活動や登下校時に水分補給を促すアナウンスなどを検討している。

 柏の葉IoTビジネス共創ラボは、IoTビジネス共創ラボの柏の葉支部。IoTビジネス共創ラボは米マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」をプラットフォームとするIoTプロジェクトの共同検証で、ノウハウを共有するためのコミュニティーである。今回のIoTセンサー設置は柏の葉IoTビジネス共創ラボの環境ワーキンググループによるプロジェクトとして実施されており、三井不動産、三井共同建設コンサルタント(東京都品川区)、センスウェイ(東京都中央区)、柏の葉アーバンデザインセンターが参加する。

 IoTセンサーはLPWA(低消費電力・長距離通信)の無線通信規格「LoRaWAN」に対応しており、設置場所は柏の葉エリア内の約500m間隔の24カ所、学校、病院、商業施設など重点施設の4カ所。IoTセンサーの設置とデータ計測・分析は三井共同建設コンサルタント、無線通信の環境整備はセンスウェイが担当する。IoTセンサーの設置場所の提供は三井不動産に加えて、柏市からの協力を得たという。

 プロジェクト全体の調整は、柏の葉アーバンデザインセンターが行う。同センターは柏の葉エリアにおける公民学が連携したまちづくりの拠点となる任意団体。柏市、柏商工会議所、田中地域ふるさと協議会、三井不動産、首都圏新都市鉄道、東京大学、千葉大学が共同で運営する。

 今後、プロジェクトの気温・湿度のデータは、三井不動産、柏市などが中心となって組成した「柏の葉スマートシティコンソーシアム」に提供予定だ。同コンソーシアムを通じて、柏の葉エリアにおける「パブリックスペース」や「ウェルネス」に関する取り組みを促進する基礎的なデータとしての利用を目指していく。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/080801255/