• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

千葉県が県立の14都市公園でPark-PFI検討、第一弾・柏の葉公園で民間対話

星野拓=チカラ【2018.8.14】

千葉県立柏の葉公園の施設配置(資料:千葉県)
[画像のクリックで拡大表示]
年間150万人以上が訪れる柏の葉公園では、有料施設も年間50万人以上が利用する(資料:千葉県)
[画像のクリックで拡大表示]

 千葉県は、県立柏の葉公園の活用方法について、民間事業者の意見を求めるサウンディング型の市場調査を実施する。柏の葉公園のさらなる魅力向上に向け、民間事業者からカフェ・レストランやレクリエーション施設などの新しい施設の導入や、既存施設を使ったイベントの実施開催などの幅広い提案を募集する。

 施設整備の事業スキームは、都市公園法に基づく「公募設置管理制度」(Park-PFI )を活用することを基本とする。また、同公園の野球場、総合競技場などのスポーツ施設について、ネーミングライツ導入や広告掲出などに関する提案も併せて募集する。

 柏の葉公園は千葉県柏市にある敷地面積45ヘクタールの都市公園。「健康・文化・みどり」をテーマに、2つのエリアに分かれる。1つは芝生広場や樹木林などの自然を楽しめる「緑の文化ゾーン」で、もう1つはラグビーなどのスポーツができる総合競技場や野球場、庭球場などがある「健康スポーツゾーン」。2017年度の年間来園者数は153万人で、柏の葉みどりの公園グループ(代表者:葉県まちづくり公社、構成者:千葉大学、アイビックス)が指定管理者として管理運営業務を行っている。指定期間は2022年3月31日まで。

 同公園は千葉県内でも人気の公園となっているが、施設の老朽化が課題となっている。県が2017年12月に発表した「千葉県公園施設長寿命化計画」では、柏の葉公園を含む県内12施設を予防保全の対象とし、2026年度までの10年間で97億円の費用が必要になると試算していた。

 サウンディング調査は10月17〜31日に実施。エントリーは10月9日まで。また、サウンディング調査に先立ち千葉県は、民間事業者に対する事前説明会を8月24日に開催する(申込締切は8月23日)。さらに直接公園の設備を見学する現地説明会を9月3日に実施する(申込締切は8月31日)。 千葉県の担当者は「参加していただける民間事業者には、サウンディング調査の実施要領で示した老朽化などに対する解決策だけでなく、別の視点から見えた問題点や、それに対する解決策を提案してもらえれば」と期待する。

 千葉県では、開設している14の都市公園について、Park-PFIなどを活用した民間活力の導入を今後検討する。今回の柏の葉公園を対象としたサウンディング調査は、その先駆けという位置付けになる。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ
健康ソリューション

<注目!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ