「三鷹テラストリート」として路上営業を支援(発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都三鷹市は、飲食店などが路上でテラス営業を行うための手続きを支援する。道路占用許可申請や道路使用許可申請、保健所届け出など諸手続きのワンストップ相談窓口を設置、占用料は免除する。占用許可の対象は商店会などの団体だが、個別の店舗からの相談にも応じる。占用期間は2020年11月30日まで。市が実施場所や店舗名を公表し、ハッシュタグ「#三鷹テラスト(三鷹テラストリートの略)」を設定してSNSによる拡散を求める。

 この取り組みは、新型コロナウイルス感染拡大による影響を被る飲食店の支援が目的とする国土交通省の緊急措置を受けたもの。11月30日までの暫定措置として、テイクアウトやテラス営業を行うための路上利用の道路占用の許可基準が緩和された。

 緩和の条件は「1.新型コロナウイルス感染症対策のための暫定的な営業」「2.『3密』の回避や『新しい生活様式』地方公共団体と地域住民・団体が連携して行う路上営業に対し、道路占用の許可基準を緩和する。の定着に対応」「3.テイクアウト、テラス営業等のための仮設施設の設置」「4.施設付近の清掃等に協力」の4つ。占用主体は地方公共団体または地域の協議会、地方公共団体が支援する民間団体に限る。占用できるのは、道路の構造や交通に著しい支障を及ぼさない場所。具体的には、交通量の多い歩道で3.5m以上、その他の歩道では2m以上の歩行空間を確保すること。沿道店舗前の道路にも設置可能とする。条件を満たせば占用料は免除する。

 三鷹市では、路上営業を希望する店舗から相談を受けた場合、店舗が加盟している商店会などに連絡し、情報共有や調整を行う。商店会が実施店舗をとりまとめて申請内容について相談、手続きの助言を受ける。加盟商店会がない場合は三鷹市が占用主体になることもある。占用許可が下りたら、各店舗が保健所に届け出、テーブルや椅子の設置を行う。なお、テーブルや椅子の購入費については東京都中小企業振興公社が経費の3分の2、上限10万円まで助成する制度を設けている。

取り組みの流れ(発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]