eやんOSAKAに使用される本田技研工業「BENLY e:Ⅰ」(写真提供:大阪府)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪府と大阪大学、日本自動車工業会二輪車特別委員会は、電動二輪車(以下、二輪EV)普及のための実証実験「e(ええ)やんOSAKA」を大阪府北摂地域で9月に開始する。実証実験期間は約1年間を予定している。

 二輪車特別委員会は、川崎重工業、スズキ、本田技研工業、ヤマハ発動機の二輪4社から成る。この4社は日本国内における二輪EVの普及を目的として2019年4月に「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」を設立しており、連携して実験を推進する。

 二輪EVの普及には、航続距離の延長や充電時間の短縮などが課題となっており、交換式バッテリーの標準化と交換システムの普及が有力な解決策の一つと考えられている。

 eやんOSAKAでは、大阪府と包括連携協定を締結する大阪大学の学生や教職員に二輪EVを有料で貸与。これに併せて大阪大学(吹田キャンパス、豊中キャンパス)および周辺地域の連携コンビニエンスストア・ローソンにバッテリー交換場所を多数設置する。残量の少ないバッテリーを満充電のものに交換できるようにすることで、バッテリー交換式二輪EVがラストマイル・シェアリング(自宅などの出発地から近くの目的地またはバス停や駅までの移動を支えるシェアリング型の移動サービス)を社会インフラとして定着させるための課題抽出を行う。

 実証実験に使用する車種は本田技研工業の「BENLY e:Ⅰ(ベンリィ イー ワン)」。当面、大阪府北摂地域の吹田市、豊中市、箕面市など大阪大学吹田キャンパスを中心に半径20km以内を想定して実験を実施するが、モニターが3市以外を走ることを制限するものではない。今回の結果をもとに、対象地域やサービスの拡大も検討すると言う。

 二輪のEV化は、二酸化炭素(CO2)排出量削減や非常用電源としての活用、蓄電池や充電システムの需要拡大などが期待される。大阪府では、この実証実験を通じて、大阪に多数ある蓄電池関連分野の産業振興を図るとともに、大阪・関西万博が掲げるSDGs達成に資する社会課題解決ビジネスの創出につなげたいという狙いがある。電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアムでは、交換式バッテリーの利便性や有用性を具体的に確認し、バッテリー交換システムの共通仕様検証を進めるとともに、環境性能に優れた二輪EVの認知度向上も目指す。