中勢グリーンパークの概要(資料:津市)
[画像のクリックで拡大表示]
グルメ祭りの出店メニュー一覧(資料:津市)
[画像のクリックで拡大表示]

 津市は2019年9月7日(土)、8日(日)の2日間にわたって、市北部の中勢北部サイエンスシティ内にある市内最大級の総合公園「中勢グリーンパーク」(面積28.3ヘクタール)で、20店舗以上が出店する食のイベント「グルメ祭り in 中勢グリーンパーク」を社会実験として開催する。

 津市は中勢グリーンパークの魅力をより高めるために官民連携の施設整備、管理・運営体制の見直しを進めている。2019年5月には民間事業者を対象に収益事業のアイデア、事業参画の希望要件など質問する第1回のサウンディング型市場調査を実施。「管理」「運営」「収益事業」の3つ事業形態において、参加を希望する民間事業者が多数あることを確認している。

 9月7日からのグルメ祭りはこのときの調査結果を受けて、公園内で実施する事業の提案・検討に必要なデータを取得するための社会実験として開催される。第1回サウンディング型市場調査に参加した事業者に、今回の社会実験の参加を呼びかけ実現した。

 グルメ祭りは中勢グリーンパークの多目的広場と芝生広場を舞台に、午前10時から午後5時まで、流行のタピオカドリンク、津市のご当地グルメである津ぎょうざに加えて、広島お好み焼き、金沢カレー、浪花たこ焼き、鹿児島黒牛ステーキ串などの出店を予定する。主催は建設コンサルタント会社のオリエンタルコンサルタンツ(東京都渋谷区)、共催は東亜道路工業、フットボールシーン(川崎市多摩区)、FOOD&DRINK BANK(名古屋市千種区)。東海テレビ放送が協力、三交不動産(三重県津市)、中部電力、アサヒビール、フィリップモリスジャパンが協賛企業となる。

 同イベント開催後の2019年9月から10月にかけては、中勢グリーンパークの事業参画者を公募する際の事業条件などを精査する目的で、第2回のサウンディング型市場調査も実施する。