松江市の観光マーケティング実証実験におけるデータ活用の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 島根県松江市と日本ユニシスは2018年8月29日、多様なデータを基にした観光マーケティングの実証実験を開始した。観光実態の把握や観光振興策の効果測定、観光スポットの来場者予測などにおけるIT活用の有効性を検証する。人工知能(AI)を使って統合した地域観光データ群とIoTデータ(カメラ映像から識別した人流データ)を組み合わせた実証実験は国内初という。

 実証実験では、まず多様な地域観光情報を統合するデータ収集基盤を整備する。公開されていながら利用しにくかったデータや、これまで把握できていなかった観光客の人流データも取り込んでいく。収集するのは、松江市のオープンデータ、民間のタウン情報サイト「Lazuda(ラズダ)」の観光地・飲食店情報、松江観光協会が運営する Twitterアカウント「あっぱれ松江観光情報」のSNSデータ、日本ユニシスの「人流解析サービス JINRYU」を使って収集した松江歴史館内の来館者属性・行動データなどである。

 収集したデータはAIを用いて、分析に適した形に変換する。従来、異なる情報ソースから得たデータは、同じ意味でもデータの名称が違ったり、データの形式が異なっていたりするため、組み合わせて利用するにはデータの名称や形式を統一してデータ収集基盤に保存する必要がある。このデータ変換作業を人手で実施しようとすれば膨大なコストがかかるが、今回の実証実験ではAIによって半自動化し、データ収集基盤を継続的かつ低コストで運営できるようにする考えだ。

 データ収集基盤に集約した情報は、観光用のウェブアプリケーションを通じて観光客に提供する。同時に、観光客のスマートフォンの位置情報を参照しながら、どこで、どんな情報が利用されているのかも調べ、データ収集基盤にフィードバックする仕組みだ。

 松江市と日本ユニシスは、これらのデータを活用した観光マーケティング手法の確立に取り組む。従来のアンケート調査と比べ、観光の実態や観光振興策の効果をより精度よく検証できるようにすることを目指す。

 観光スポットの来場者予測にもデータを活用する。松江城に隣接する松江歴史館では、館内に設置したカメラの映像を基に、「人流解析サービス JINRYU」によって来館者の人数や属性(推定年齢、性別)、動線を記録。ほかのデータと組み合わせた分析により、松江歴史館の来場者予測に寄与する要因を求める。

 実証実験は12月20日までの約4か月間にわたって実施する予定。ここで得た知見は、観光マーケティングだけでなく、防災や少子化といった社会課題の解決にも応用可能という。