千葉県富津市とタイムズ24は、同市が高速バスの停車場「富津浅間山バスストップ」の供用を10月1日開始するのに合わせて、「富津浅間山バスストップ二次交通確保事業」を開始する。

 館山自動車道の4車線化に合わせて開業する富津浅間山バスストップは、館山方面と主要都市を結ぶ東京線、新宿線、千葉線、羽田空港・横浜線の4路線の高速バスが停車する。富津市ではバスストップで高速バス下車後の二次交通の拡充を図っていたが、路線バスとの接続が難しいためカーシェアに着目。タイムズ24との「富津浅間山バスストップ二次交通確保事業」が実現した。タイムズ24が、二次交通としてカーシェアリングを提供し、富津市へ向かう交通利便性を向上させる。

富津浅間山バスストップ駐車場(提供:富津市)
[画像のクリックで拡大表示]

 富津市は、バスストップに隣接する「富津浅間山バスストップ駐車場」を設置、タイムズ24がカーシェアリングの設置・運営を実施する。まずはハイブリッドコンパクトカーのアクアとコンパクトミニバンのシエンタ(いずれもトヨタ自動車)の2台からスタートする。

 両者は今後、「高速バス&カーシェア」の利用促進に向けて、レジャー施設などとの連携を図り、タイムズカーシェアを活用した観光振興に取り組む予定だ。

 市の担当者は「カーシェアの利用は、都心部からの観光客をメインターゲットにしている。ほかには都心に住む人が富津市への帰省時に利用することが想定される。今後はさらに台数を増やして事業展開したい。多くの人が千葉県南部を訪れるきっかけになれば」と語る。