北海道大学は2021年8月30日から6カ月間、ワークショップ「博士課程DX教育プログラム:北海道富良野市のスマートシティ推進支援」を計6回実施する。同ワークショップは、富良野市特有の産業の発展、住みよいまちづくりに向けたスマートシティ推進施策の立案を、富良野市、日本オラクルと連携しながら支援するもので、北海道大学の2021年度博士課程教育プログラム「スマート物質科学を拓くアンビシャスプログラム」の履修科目の一つとなる。

「博士課程DX教育プログラム:北海道富良野市のスマートシティ推進支援」のチーム編成(出所:北海道大学、オンライン記者説明会の資料より)
[画像のクリックで拡大表示]

 「スマート物質科学を拓くアンビシャスプログラム」は、コンピューターシミュレーション、ビッグデータから有用な情報を引き出すデータサイエンスを融合させて、物質科学研究のイノベーションを引き起こす研究分野「スマート物質科学」の人材育成を目的とする。富良野市でのワークショップでは、日本オラクルのクラウド基盤「Oracle Cloud Infrastructure」のデータ分析向けサービス「Oracle Autonomous Data Warehouse」「Oracle Analytics Cloud」を利用して、富良野市が提示する課題を解決するための施策立案に取り組む。

 富良野市がワークショップに提示する課題は2つ。1つは、「『ふらのワイン』販売増を通じた、地域特有産業・農業の維持・発展」。富良野市の名産品であるワインは、これまで富良野エリアを中心とする北海道内の主要都市を中心に販売されてきた。だが、近年の観光客の減少を受けて新しい販路の拡大が求められている。その一方で、生産量が限られているため全国各地に大量に流通させることは難しい。こうした前提を踏まえて、過去の販売データの分析および店舗や飲食店の視察結果に基づいて、コアなファン層の発掘や効率的な販売施策の案を策定する。

 もう1つは、「リサイクル率90%の富良野のゴミ分別文化を維持・発展するカーボン・ニュートラルへの取り組み」。富良野市のゴミのリサイクル率は90%という高水準にあるが、それでも一定の量で不適切な分別が発生している。そこで、市内の資源回収ステーション(約600カ所)の曜日、品目ごとの分別データの分析および現地視察や収集担当者からのヒアリング結果に基づいて、不適切な分別を抑えるための施策を策定する。