大阪市東住吉区にある運動公園「長居公園」において、指定管理者であるわくわくパーククリエイト(大阪市北区)と、東急スポーツオアシス(以下、オアシス、東京都渋谷区)、セレッソ大阪(大阪市東住吉区)の3社は、2021年8月21日からアプリを活用した健康増進事業「長居パークレッチ」を開始した。

 公園内の遊具やベンチなど全6カ所にオアシスがQRコードを設置。公園利用者は、このQRコードから同社が開発したアプリ「WEBGYM」(ウェブジム)にアクセスすることで、「ダイエットコース」「健康維持コース」の2つに分類された全30種のオリジナルトレーニングコンテンツを利用することができる。新型コロナウイルス感染拡大による新しい生活様式を見据え、屋外空間を活用して市民の健康増進を図ることが狙いだ。

公園でのエクササイズのイメージ(写真:東急スポーツオアシス)
[画像のクリックで拡大表示]
アプリの利用手順(資料:東急スポーツオアシス)
[画像のクリックで拡大表示]

 長居公園は大阪府内最大の運動公園で、Jリーグ・セレッソ大阪のホームスタジアムであるヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)を擁する。一般園地部分にはジョギングやマラソン大会にも利用される長距離走路などがあり、運動の場としての環境が整っているほか、植物園、自然史博物館といった文化・教育施設のほか、宿泊施設としてユースホステルなどもある。

長居公園エクササイズMAP(資料:東急スポーツオアシス)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪市は2020年に指定管理事業予定者の公募を行い、2021年1月にわくわくパーククリエイトが代表企業を務める「長居わくわくパークプロジェクトチーム」を指定(関連記事)。同チームは応募時から、公園の魅力向上事業の提案として「長居パークウェルネスプログラム」の実施を掲げていた。4月1日から運営を開始しており、2041年3月31日までの20年間、長居公園の指定管理業務に加え、新たな魅力を創出するための事業を一体的に行う。