柏の葉キャンパスにおけるIoTデータ活用の全体像(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]
IoTセンサーの計測データを集約し、ウェブブラウザ上で可視化(イメージ図)(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
IoTセンサーを設置した「COOL TREE」(上)と「アクアテラス」(下)(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 三井不動産、三井共同建設コンサルタント、センスウェイの3社は、公民学連携のまちづくりが進む千葉県柏市の柏の葉キャンパスにおいて、2018年8月31日から環境情報を取得するIoTセンサーの運用を開始した。柏の葉キャンパスにある施設の気温・湿度や水質・水位をIoTセンサーで約1年間にわたって測定し、可視化されたデータを基に、より住みやすいまちづくりに取り組む。

 今回IoTセンサーを設置したのは、柏の葉キャンパスコミュニティ広場内の「COOL TREE」という涼感を味わえる屋外休憩スポットと、柏の葉イノベーションキャンパス内の親水広場「アクアテラス」の2カ所。COOL TREEには温度・湿度センサー、アクアテラスの池には水質・水位センサーを設置した。2018年内には、IoTセンサーの設置個所を6カ所にまで増やす計画だ。

 IoTセンサーで計測したデータは、IoTの長距離・低消費電力通信に適したLoRaWANネットワーク経由で収集し、クラウド上のデータプラットフォームに蓄積する。このIoT通信用のネットワークは、三井不動産とセンスウェイが柏市、東京大学、筑波大学の協力のもとで2017年11月に構築したものだ。センスウェイや三井不動産、柏市などが2018年2月に共催した「柏の葉IoTハッカソン」を通して、まちづくりの課題をIoT通信ネットワークの活用で解決するための取り組みも行われている(参考記事『IoTを活用したまちづくり提案を表彰、柏市でハッカソン』)。

 COOL TREEの温度・湿度計測は2019年9月まで、アクテラスの水質・水位計測は2019年10月まで行う。これら環境情報のビッグデータはグラフィカルに可視化され、ウェブブラウザから閲覧可能だ。