救急車出動依頼の初動時にかかりつけ医の情報を知る

 (2)の救急情報連携は、主に消防指令台や救急隊員が活用する機能である。救急搬送時の前に患者の情報を取得することで円滑な救急活動を支援する。救急車出動依頼の初動時において、事前にかかりつけ医や近親者の情報を知ることで救急対応への集中と搬送後の急性期病院との連携に役立てる。

 独居高齢者宅などに救急隊が出動した際には、現地での患者の情報を取得が困難なことが多い。IIJ電子@連絡帳サービスを介して患者にかかわる情報を取得することで、救急搬送と搬送先病院での適切な対応を可能にするという。

救急情報連携オプションの利用イメージ(出所:IIJ)
救急情報連携オプションの利用イメージ(出所:IIJ)
[画像のクリックで拡大表示]

 消防指令台や救急隊員が閲覧できる情報は、IIJ電子@連絡帳サービスに登録された情報のうち、患者氏名や年齢、要介護度、近親者情報、かかりつけ医やケアチーム名簿、既往歴・処方歴などに絞り込まれている。簡潔かつ迅速に情報を取得できるよう配慮した。

 今後、厚生労働省が推進する「人生会議」(アドバンスケアプラニング)情報も共有する。本人が望まない延命治療などが行われないようにしていく。

 救急搬送後は、救急隊員が活動内容を報告できる。かかりつけ医・ケアチームや自治体は、搬送日時・搬送先病院、「無事に家族も合流できた」など搬送後の状況が共有できるようにした。


(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)