長野県伊那市は、中山間地域に住む買い物弱者の支援と地域経済の振興のため、自律飛行するドローン(小型無人機)を使って日用品などを配送する「伊那市ドローン物流プロジェクト」を開始する。本プロジェクトには伊那市、KDDI、ゼンリンに加え、複数の地元企業や大学が参画する。

[画像のクリックで拡大表示]
伊那市ドローン物流事業プロジェクトの概要(出所:伊那市)

 本プロジェクトは、「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」と「INAドローン アクア・スカイウェイ事業」という2つの事業からなる。

 「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」は、地元スーパーや道の駅と連携し、中山間地域の買い物弱者に向けたドローンによる荷物配送サービスの実用化を目指す。本事業には、各地で目視外自律飛行実験を積み重ねてきたKDDIの「スマートドローンプラットフォーム」を活用する。また、伊那ケーブルテレビジョンは、中山間地域に暮らす発注者と商品を販売する店舗の間で、ケーブルテレビを介した商品の受発注の仕組みづくりを進める 。

 「INAドローン アクア・スカイウェイ事業」は、ドローンの目視外自律飛行ルートとして河川上空域を使い、市街地と中山間地域などの拠点(トランジットハブ)を結ぶ幹線物流ルートの形成を目指す。地図情報分野で豊富な知見をもつゼンリンの「空の三次元地図」を基に、約20キロメートルにわたるドローンの幹線航路として伊那市を流れる天竜川や三峰川の上空域を利用する。ゼンリンは、これまでに蓄積したドローン管制の技術やノウハウを活かし、商品の小口化、大量化、輸送の多頻度化への対応を進める。

 中山間地域への物流は、これら2事業の連携によって実現する。INAドローン アクア・スカイウェイ事業のドローン幹線航路で市街地と市内各地区のトランジットハブを結び、そこから発注者宅までのラスト・ワンマイルを空飛ぶデリバリーサービス構築事業(ドローンとボランティアを組み合わせたハイブリッド配送)でつなぐ。

 近年、日本各地で人口減少や少子高齢化が進み、物流や交通機能の脆弱化と相まって、中山間地域に暮らす高齢者を中心に、食料品や日用品の買物に不便を強いられる課題が顕在化している。伊那市とKDDI、ゼンリンは本プロジェクトを通じて、地域課題解決のリファレンスモデルとなる取り組みを進める考えだ。