中央公園の概要(資料:沼津市)
[画像のクリックで拡大表示]
高沢公園の概要(資料:沼津市)
[画像のクリックで拡大表示]

 静岡県沼津市は、同市の行政機能、商業業務機の中心となる沼津駅近くのエリアにある2公園などについて、民間活力の導入を進める方針だ。民間事業者の意向を把握するため、事業者アンケートやヒアリングを計画しているが、これに先立ち「公園への新たな機能導入に関する事業者説明会」を9月26日に開催する。ヒアリングなどを実施する前に民間事業者に市の考え方への理解を深めてもらうためだ。会場は沼津市役所、開催時間は14時から。申し込みは9月21日まで。

 対象となる主な公園は、中央公園(面積約6000m2)と高沢公園(面積約7000m2)だ。沼津市では今年度、中央公園については、民間活力導入についての調査を実施。高沢公園については、他の1公園(市民や民間事業者へのアンケートなどにより選定)と併せて、民間活力導入の促進を図るための指針となるアクションプランを策定する。

 沼津市は、中央公園の調査については「平成30年度沼津市中心市街地まちづくり戦略 中央公園再整備に向けた民間活力導入検討調査業務委託」として、高沢公園ほか1公園にのアクションプラン策定については「平成30年度沼津市民間活力を生かした公園アクションプラン策定業務委託」として、それぞれ公募型プロポーザルを実施。前者は中央コンサルタンツ(静岡事務所)を、後者は玉野総合コンサルタント(沼津事務所)を選定している