検証のイメージ。映像データや位置情報データは検証目的の範囲内で利用する(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]
Hisaya-odori Parkは名古屋市の中心部である栄地区に位置する(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)と三井不動産は2020年9月18日から2021年2月末まで、名古屋市久屋大通公園の北エリア・テレビ塔エリア(Hisaya-odori Park)の整備事業で、ICTを活用した「安心安全な街づくり」の検証を実施する。公園内地下広場の防犯カメラ映像をAI(人工知能)で解析した結果や、匿名化したスマートフォン(スマホ)の位置情報から来園者の行動を解析した結果を、施設運営や公園のマーケティングに活用する。

 三井不動産を代表とする企業グループは2018年、久屋大通公園の北エリア・テレビ塔エリアの整備・運営事業者に選定され、同エリアの再整備事業を進めてきた(関連記事1関連記事2)。これまで同エリアは整備工事のため立ち入り禁止になっていたが、9月18日に敷地面積5万4122m2のHisaya-odori Parkとしてオープンした(三井不動産の発表資料)。

 防犯カメラ映像は、NTTコムのAI映像解析エンジン「Takumi Eyes」を使ってリアルタイムに解析する。Takumi Eyesには「全身照合」「顔照合」機能があり、顔がはっきり映っていない映像でも瞬時に人物を認識・特定できるという。これに「リアルタイム人物トラッキング」機能を組み合わせて、迷子の捜索、不審者の追跡などに利用する。また、車いす、白杖、転倒、うずくまり動作を映像から認識して、サポートが必要な人を検知したり、人数をカウントして混雑状況を把握したりできるようになる。

 スマホの位置情報は、来園者の満足度を向上させるための参考データとして活用する。指定管理者として公園運営を受託する三井不動産は、SaaS型のダッシュボード「Datawise Area Marketer」で、公園および周辺の混雑状況や来園者の訪問頻度などを参照して、施設ごとの来園者の行動パターンの違いを踏まえた細かなサービス提供が可能になるという。Datawise Area Marketerは、NTTドコモグループのデータワイズ(東京都港区)が提供する。