茨城県大子町とNTTドコモ、茨城日産自動車は、AI(人工知能)を利用した乗り合いタクシーとカーシェアリングの実証実験を行う。NTTドコモの「AI運行バス」システムを使い、茨城日産自動車が車両とカーシェアリングを提供する。カーシェアリング以外の運賃は無料。期間は2020年10月1日から21年9月30日までの1年間。

AI 乗合タクシー予約のイメージ(資料:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]
予約登録から乗車までの流れ(資料:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]
AI 乗合タクシー運行車両のイメージ(資料:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2台の車両による乗り合いタクシーは町民向けに週2日(火・水)、観光客向けに土日・祝日の、9〜17時の運行を予定。そのほかに、夜間の地元飲食店への送迎を想定し、金・土・祝前日の17〜23時にも運行する。

 利用者は、スマートフォンアプリやWebサイトで乗降場所と乗車人数を選択、AIが配車ルートを決めて乗車予定時刻を表示する。日中の町民向け運行については、電話による予約も可能だ。併せて、実験対象地域の住民を対象に、ドコモがスマートフォン教室を開催する。

 カーシェアリングは電気自動車を利用し、実証時間中は全日24時間対応する。利用料金は15分100円から。また、2019年の台風19号によって鉄道での移動が困難となった被災者を支援するため、南田気地区と下津原地区で週2日(月・金、祝日運休)・各2往復の臨時無料巡回バスも運行する。

 実証実験の効果は大子町とドコモが検証。ドコモは、茨城県内の自治体を中心に、日本全国への展開を目指すとしている。