山の麓で物資を積み込む(提供:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]

 白馬村山岳ドローン物流実用化協議会は、楽天からドローンの配送ソリューションと運用の提供を受け、ドローンを活用した目視外飛行での物資配送の実証実験に成功した。離陸地点と着陸地点の高度差が約1600mある場所でのドローンによる物資配送の実現は、国内初。

 実証実験は今年8月中旬から9月中旬まで約1カ月に渡って実施。標高1250mにある「猿倉荘」を離陸、標高2832m「白馬山荘」および標高2730mにある白馬岳頂上宿舎に物資を配送するもの。飛行距離は片道約5kmで、桃や梨などの果物など最大5kgの荷物を配送した。運営主体の白馬村山岳ドローン物流実用化協議会には長野県白馬村、一般財団法人白馬村振興公社、楽天、白馬館、からまつ、MountLibra、eロボティクス、丸和運輸機関、カナモト、KELEK、先端力学シミュレーション研究所の11の企業・団体・自治体が参画している。

 山岳エリアに位置する白馬村は、山荘間の物資輸送に大きな課題を抱えている。現在はスタッフによる歩荷輸送やヘリコプターによる物資輸送を行っているが、険しい道のりでの歩荷輸送は危険が伴い、ヘリコプターによる荷揚げは費用が高騰しており、さらに、白馬山荘までの飛行ルートは、地形や空気の薄さから、正確な飛行が難しい上、天候にも左右されている。

目的地の「白馬山荘」へ向けて離陸するドローン(提供:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]
着陸地点に向けてゆっくりと降下する(提供:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、物資輸送が滞った場合は、山小屋が孤立してしまう危険性もあることから、同協議会は2018年より、効率的かつ危険性が低いドローンを活用した物資配送の実証実験に取り組んできた。

 今回の実験でドローン配送ソリューションの提供を担当した楽天は、これまでもドローン配送による物流困難者の支援を事業目標のひとつに掲げ、物流困難地域に住む人々を支援するため、千葉市や御宿町、三志摩市、今治市など全国各地で実証実験や物流ソリューション提供を実施。今回はそのノウハウを活用した。楽天では今後、この実証実験で得た知見を全国の山岳エリアでドローンを活用した物資輸送に活かしたいとしている。