[画像のクリックで拡大表示]

 西友と楽天は2019年9月21日から10月27日まで横須賀市のうみかぜ公園で自動走行ロボットを利用した使った無人配送サービスを実施している。横須賀市は2018年3月から、スマートモビリティを活用した新規ビジネスの創設や社会課題解決を目指して「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」を推進している。2019年7月にはその一環として「西友 リヴィンよこすか店」から同市の「猿島」への商品のドローン配送サービスを実施した。今回も同プロジェクトの取り組みの一つ。

商品を選択(提供:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]
配達場所を選択(提供:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]

 「うみかぜ公園」は「西友 リヴィンよこすか店」に隣接する港湾緑地で、休日にはバーベキューやピクニックなどに多くの利用者が訪れる。自動走行ロボット配送のユーザーは、スマートフォンでダウンロードした「楽天ドローン」アプリに楽天IDでログイン。「西友 リヴィンよこすか店」で取り扱う生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など約400品目の中から商品を選ぶ。アプリ画面で提示される配達可能時間から希望の時間と受け取り場所を選択、オンライン決済で配送料300円を含めた金額を支払うと注文が完了する。配送状況はアプリ上で確認でき、商品が到着するとアプリに通知が届く。通知に記載された暗証番号を自動走行ロボット後部のタッチパネルに入力すると、商品を受け取ることができる。

商品が到着(提供:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]
決済は楽天ペイで(提供:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスを実施しているのは期間内の土曜と日曜。注文受付開始時間は実施日の午前8時からで、1日最大12件の配送を予定している。雨天などの荒天時には運用を中止。当日の配送の有無はアプリ上で確認できる。

 楽天の担当者は「現在、法規制上、自動走行ロボットは公道を走ることができないが、本格的な社会実装に向けて、政府が2019年度内に官民による協議会の立ち上げや公道上での実証を実現するための基準策定などを予定している。楽天は早期に一般利用者に自動走行ロボットの利便性を体感してもらい、配送実績を重ねて、公道を含めたさまざまな場所でのサービス実現を目指す」と語る。