[画像のクリックで拡大表示]
公園の位置(資料:伊丹市)

 兵庫県伊丹市は、伊丹スカイパーク(大阪国際空港周辺緑地)の魅力向上について、民間事業者を対象にサウンディング型市場調査を実施する。事前説明会を10月15日に開催(参加申し込みは10月12日まで)、参加募集は11月5日まで。11月8日・9日に対話を行う。スカイパークは2020年4月にリニューアルを予定している。伊丹市では今回の調査などを参考に、2019年に公募事務を開始する予定だ。

 調査の内容は、公園の運営・維持管理の手法と収益施設の設置・運営。前者は指定管理制度、後者は都市公園法に定める公園施設の設置・管理制度による独立採算が前提だ。イベント、物販飲食施設の設置といった事業アイデアの提案、事業の実施条件などについて意見を求める。2020年には伊丹空港ターミナルビルがリニューアルオープンするため、その来訪者の取り込みも目指している。

 伊丹スカイパークは、大阪国際空港の滑走路に隣接する、長さ2.1km・幅80m、総面積約9haの公園。園内には高さ約7mの丘が連なり、上から航空機の離着陸が間近に見られる。展望施設のほか、カフェや売店、巨大立体迷路などの遊具や弥生時代の遺跡があり、年間60万人が来園する。

[画像のクリックで拡大表示]
公園の概要(資料:伊丹市)