道の駅の予定地(出所:姫路市)
道の駅の予定地(出所:姫路市)
[画像のクリックで拡大表示]

 兵庫県姫路市は、2027年3月開業を目指す市内初の道の駅の整備・運営について、サウンディング型市場調査を実施する。10月18〜29日に対面またはオンラインで対話を行う。参加申請は10月14日まで。

 姫路市は2020年度に道の駅の基本構想を策定し、現在基本計画の検討中だ。市は仮造成後の整備を官民連携事業としたい考えで、今回の調査で民間事業者の参画意向や施設の条件、官民連携のあり方、道の駅の機能・サービスなどについて聞く。独立採算制導入の可能性も探る計画だ。

 道の駅の建設予定地は、播但連絡道路花田インターチェンジの北東で、姫路城方面に向かう国道372号線に面している。面積は約3haで、市街化調整区域に位置する。24時間交通量は1万8912台(2015年度道路交通センサス)。姫路市を訪れる観光客の交通手段は、7割以上が自家用車などによるという。