現在の駒ヶ林保育所跡(旧駒ヶ林公会堂)(写真:神戸市)
現在の駒ヶ林保育所跡(旧駒ヶ林公会堂)(写真:神戸市)
[画像のクリックで拡大表示]
旧駒ヶ林公会堂の所在地(資料:神戸市)
旧駒ヶ林公会堂の所在地(資料:神戸市)
[画像のクリックで拡大表示]

 神戸市は、駒ヶ林保育所跡(旧駒ヶ林公会堂)を活用する事業者を募集している。募集要項を10月15日まで配布し、応募予定者の申し込みを10月15日まで受け付け中。10月28日に現地見学会を開催し(参加申し込みは10月15日まで)、申込書・提案書は10月15日~11月30日に受け付ける。12月上旬にプレゼンテーション審査を実施して、12月中旬には優先交渉権者の決定と発表を行う予定だ。

 旧駒ヶ林公会堂は1914年に建てられ、1948年から市立駒ヶ林保育所として使用されていたが2013年に閉所。2020年4月には、国登録有形文化財に登録された。神戸市では。旧駒ヶ林公会堂の保存活用と継承、地域コミュニティの促進、地域活性化を目指して、今回の活用事業を実施する。

 貸付の対象となる物件の所在地は、神戸市長田区駒ヶ林町5丁目8番6。約610m2の敷地に西側旧館(1924年築の煉瓦造)と東側新館(1969年築の鉄筋コンクリート造)が並び、建物の合計延床面積は505.60m2。貸付期間は、定期建物賃貸借契約締結日から10年間、契約の締結は2024年頃を予定している。東側新館を活用しない提案も可能で、東側新館を残存させる場合の参考貸付料は月額23万8000円、撤去する場合は月額22万7000円(共に税抜き)。