「日経 xTECH(クロステック)」2018年10月5日付の記事より

 NTTドコモは2018年10月5日、横浜市と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共同で「AI運行バス」の実証実験を始めた。同市内のみなとみらいや中華街などの観光地を含む臨海地区で、利用者の予約に応じてAI(人工知能)で自動配車する乗り合い自動車を走らせて、観光客の回遊性を高める。

横浜市みなとみらいで開催した「AI運行バス」の出発式
[画像のクリックで拡大表示]

 期間は2018年10月5日~12月10日。バスに見立てたタクシー車両10台(乗客定員4~6人)を地区内31カ所の乗降ポイントを経由するように運行する。料金は無料。利用者はスマートフォンか、乗降ポイントにある専用端末から配車要請を出す。

スマートフォンで乗降ポイントを指定して配車予約するところ
[画像のクリックで拡大表示]

 ドコモが配車システムベンチャーの未来シェア(北海道函館市)と共同で開発したAI運行バス技術を使い、車両ごとに最適なルートを決定して、車内のディスプレーに表示する。運転手は表示されたルートに従って乗降ポイントを巡回し、利用者を乗せたり降ろしたりする。利用者にとっては一般的な路線バスと異なり、目的地に直行できるメリットがある。

 多様な移動手段を統合したサービスを提供する「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」についても実証する。東日本旅客鉄道(JR東日本)が協力し、地区内にあるJR根岸線の桜木町・関内・石川町の3駅で、電車とAI運行バスの併用を促す。その際、IC乗車券の「Suica」を使って電車とAI運行バスに乗った人が飲食店などに来訪してSuicaを提示すると特典を得られる仕組みを検証する。