南アルプス、中央アルプスの山小屋への無人VTOL機(右下)による輸送スキーム構築を目指す(出所:伊那市、川崎重工業)
南アルプス、中央アルプスの山小屋への無人VTOL機(右下)による輸送スキーム構築を目指す(出所:伊那市、川崎重工業)
[画像のクリックで拡大表示]
事業体制。委託先の川崎重工業を通じて、KDDIとゼンリンが参加する(出所:伊那市、川崎重工業)
事業体制。委託先の川崎重工業を通じて、KDDIとゼンリンが参加する(出所:伊那市、川崎重工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 長野県伊那市は2021年10月5日、無人VTOL(垂直離着陸)機を利用した山小屋への物資輸送プラットフォーム構築事業を本格的に開始した。2021~2025年度までの5カ年計画で、物資輸送のための固定空路の構築、法令に基づく許認可等の手続き、利害関係者との調整を実施し、将来にわたって持続可能で効率的な輸送スキームの構築を目指す。

 無人VTOL機には、川崎重工業が開発中の「K-RACER(Kawasaki Remote、Autonomous and Cargo-ability Enhanced Rotorcraft)」を使用する。K-RACERは、レシプロエンジンを搭載しており、ペイロード(積載量)100kg以上、継続航行距離100㎞以上、上昇能力2000m(標高耐性3100m)。垂直離着陸および無人地帯の目視外自動飛行(レベル3)が可能であり、ヘリコプターによる荷揚げ業務を代替する機能を持つ。川崎重工は8月末に伊那市と締結した委託契約に基づいて、同事業に参加する。

 輸送先となる山小屋は、南アルプスの仙丈小屋と塩屋小屋、中央アルプスの西駒山荘など。固定空路構築の検討課題には、気象状況に対応する運行システムの構築、山岳地帯でのLTE電波や代替通信手段、緊急時の着陸方法、機体に近づくことが難しい山岳地帯での目視内操作に代わる緊急時の手動介入方法、機体落下時の二次被害防止対策などがある。

 山小屋への物資輸送は現在、有人ヘリコプターに頼ることが多い。だが、パイロット不足やヘリコプターを必要とする送電線工事や公共事業の増加によって、山小屋に物資を輸送するヘリコプターの運航確保は困難になっている。無人VTOL機を使った物資輸送プラットフォーム構築事業は、こうした状況を踏まえて、ヘリコプターに代わる山小屋への輸送手段を確立するためのものとなる。