広島県は2020年10月12日、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)などの技術実証プラットフォーム「ひろしまサンドボックス」で得られたデータまたはメタデータ(データの目録)を公開するひろしまサンドボックス「データカタログサイト」を開設した。一定の条件を満たせば誰でも入手・利用・再配布できるオープンデータに加えて、特定の企業だけが共有できるデータ(シェアードデータ)の情報も掲載し、データの利用希望者と提供者とのマッチングを行う。さらに、データの利活用に関するニーズを把握・分析して、データの流通・利活用の促進に役立てていく。

[画像のクリックで拡大表示]
データを利用する際の手順 (出所:広島県)

 ひろしまサンドボックスは、県内外の民間企業、大学、自治体を対象に、最新技術を活用した実証実験の場を提供する試みである。広島県は2018年から、地域課題を解決するために「農林水産業」「観光」「交流・連携基盤」「健康・福祉」などのテーマで提案を公募し、複数の実証実験を実施してきた。

 今回、データカタログサイトでデータまたはメタデータを公開するのは、「島しょ部傾斜地農業に向けたAI/IoT実証実験」「宮島エリアにおけるストレスフリー観光」「つながる中小製造業でスマートものづくり」「スマートかき養殖IoTプラットフォーム事業」「海の共創基盤~せとうちマリンプロムナード~」「通信型ITSによる公共交通優先型スマートシティの構築事業」の6つ。このうち、前の3プロジェクトのデータはオープンデータ、後の3プロジェクトのデータはシェアードデータとして公開される。いずれのデータも、利用の際には、ひろしまサンドボックス推進協議会への加入と利用規約への同意が必要となる。

[画像のクリックで拡大表示]
データまたはメタデータを公開する実証実験プロジェクトとデータの内容 (出所:広島県)

 データカタログサイトのプログラムは、ひろしまサンドボックスのプロジェクトの1つである「異なるプラットフォーム間での有機的なデータ結合を行い、新しいサービス創出に取り組める、データ連携基盤の構築とその実証」で開発されたもの。サイトの窓口となる「ポータル」には、オープンソースソフトウエアの「CKAN」を利用している。広島県では今後、データカタログサイトのプログラムをオープンソースソフトウエアとして公開し、他の自治体でも利用可能にするとしている。