「日経 xTECH(クロステック)」2018年10月19日付の記事より

 産業技術総合研究所と茨城県日立市は2018年10月19日、同市内で自動運転バス運行の実証実験を始めた。10月28日まで、JR大甕(おおみか)駅からおさかなセンターまでの3.2キロメートルの区間を1日8便程度運行し、一般モニターを含む約600人を運ぶ計画だ。

 実証実験には小型バス「日野ポンチョ」を使う。ソフトバンクグループのSBドライブと先進モビリティが共同で旅客定員8人の自動運転バスに改造した。大半の区間でハンドルや加減速の操作をせずに運行するという。

茨城県日立市の「ひたちBRT」のバス専用道区間を走るSBドライブと先進モビリティの自動運転バス
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験は区間は旧日立電鉄線廃線跡地を転用して日立市が「ひたちBRT」として整備したバス路線の一部である。バス専用道を活用した自動運転実験は全国初という。運転席にはひたちBRTの路線バス運行を担う日立電鉄交通サービスの運転士が座り、緊急時などは手動運転する。

「おさかなセンター」バス停の様子。電子ペーパーディスプレーに表示されるQRコードをアプリで読み取って電子チケットに課金する仕組みも実証する
[画像のクリックで拡大表示]

 現在の技術水準では歩行者や路上駐車などの障害が多い区間の自動運転は安全面の課題があり、手動運転に頼らざるを得ない。

自動運転バス実証実験について説明する産業技術総合研究所の加藤晋首席研究員
[画像のクリックで拡大表示]

 産総研の加藤晋首席研究員は「専用道は自動運転に適した環境で、より実用化に近いレベルの実証ができる。バス専用道を使うBRTは地方で広がりつつあり、日立市で自動運転を実用化できれば地方公共交通のモデルケースになる」と述べた。